初心者のあなた!アコギで1曲弾いてみませんか?

初心者でも弾ける!アコギ入門 > タブ譜の読み方 > タブ譜の読み方

タブ譜の読み方

タブ譜の読み方

実際のタブ譜を見てみましょう。

 

 

そうです!コードチャートで見たものと同じです!

上部が5線譜にドレミファソラシドと音符が書いてある通常の楽譜です。

そして、下がタブ譜になります。

6本の線は上から1弦、一番下は6弦に対応し、数字はフレットを表します。

あとは上の音符の長さの通りに弾けばいいというわけです。

 

このタブ譜を弾く場合、

5弦3フレット→4弦開放(0の場合は弦を押さえないで弾く)→4弦2フレット→4弦3フレット→3弦開放→3弦2フレット→2弦開放→2弦1フレット

という順番で弾きます。

テンポはすべて8部音符なので、一定のリズムで弾きましょう。

このとき、どのフレットをどの指で押さえれば良いかは書いてくれませんので、流れの中で押さえやすい指の運びを自分で考えなくてはなりません。

 

ちなみに、Cコードをタブ譜で表すとこのようになります。

縦に複数の数字が並んでいるときには、同時にすべての音を弾く必要があります。

このタブ譜では、5弦3フレット・4弦2フレット・3弦開放・2弦1フレット・1弦開放を同時に弾くという意味です。

 

これで音符の長さを見てリズムが取れれば、曲が弾けるようになります!

リズムがとりづらい場合は、何度も曲のギターパートを聴いて練習しましょう!

アコギ初心者の練習方法 - アコギ初心者向けの簡単な曲>


 

アコースティックギターが上手に弾けないと悩む人の89.2%は、”ある事”に気付いていません。それをこのプログラムで解消して、ギターを最速で上達させてみましょう。

さらに、「上級者のギターチューニング方法」「譜面とにらめっこせずに楽譜を覚える秘訣」など素晴らしい特典付き。

 

効果がなければ全額返金という返金保証も付いているので、安心ですね。

 

アコギが上達する唯一の方法」販売ページへ

 

レビューページを用意しました

マニュアルを購入した管理者によるレビューです。興味ある方はこちらを参考にしてください。