初心者のあなた!アコギで1曲弾いてみませんか?

初心者でも弾ける!アコギ入門 > ギター各部名称 > ギター各部名称

ギター各部名称

ギター各部名称

ここでは、ギターの各部名称について解説したいと思います。

アコギ初心者の方のために、かなり細かく書いてはみたのですが、正直言って特に覚える必要のない部分もあります(笑)。

まあ、その辺はマメ知識程度に捉えていただければ・・・。

アコギ 各部名称

 

.悒奪鼻

ギターの一番上、または先端の部分。そのギターを作ったメーカー名が書かれていて、形も多様です。

▲優奪:

ヘッドとボディの間の長い棒状の部分です。押さえる場所によって音階が変わります。

ボディ:

アコギの胴体ですね。

音色を決める重要な部分で、木の素材や形によって大きく特徴が異なります。

ぅ撻亜

弦を巻きつける部分です。ここをまわすことで音程を調整(チューニング)します。

時計回りにまわすと弦がゆるみ、反時計回りにまわすと締まります。

ゥ淵奪函

弦がネックから浮くように高さ調節をしている部分です。

Ε侫譽奪函

ネック表面に付けられた細い金属の部分を指します。ヘッド側から半音づつ音が高くなるように区切られています。

また「1フレット」のように数字がつくと意味が変わり、ナットと1つ目のフレットの間のネックの部分のことになります。

アコギ 各部名称

 

Д櫂献轡腑鵐沺璽:

何フレットなのかをわかりやすくするためのマークです。

慣れると瞬時にフレット数がわかるので便利です。

┘辧璽襦

ネックをボディに安定して結合させるための部分です。

後ろから見ると↓こんな感じです。

アコギ 各部名称

 

サイド板、トップ板:

ボディを構成する板です。素材は基本的に木ですが、メーカーによっては金属のものもあります。

サウンドホール:

ここで弦の音を共鳴させて響かせることで大きくします。

弦:

演奏の要となる部分ですね。そもそもこれが無ければギターは弾けません(笑)。

上の弦(図でいうと右)から順番に第1弦〜第6弦と呼ばれており、数字が大きいほど太い弦を使っています。

サドル:

役割はブリッジと同じです。弦を浮かせるためのものです。          

ブリッジ:

弦を胴体に固定する部分です。6個の穴があり、弦と一緒にブリッジピンを差し込み固定します。

ブリッジピン:

ブリッジに弦を固定するためのピンです。


 

アコースティックギターが上手に弾けないと悩む人の89.2%は、”ある事”に気付いていません。それをこのプログラムで解消して、ギターを最速で上達させてみましょう。

さらに、「上級者のギターチューニング方法」「譜面とにらめっこせずに楽譜を覚える秘訣」など素晴らしい特典付き。

 

効果がなければ全額返金という返金保証も付いているので、安心ですね。

 

アコギが上達する唯一の方法」販売ページへ

 

レビューページを用意しました

マニュアルを購入した管理者によるレビューです。興味ある方はこちらを参考にしてください。